PGi 取締役会メンバー


Hubert de Pesquidoux
Executive Chairman

De Pesquidouxは、Alcatel-Lucent SAの前シニアエグゼクティブで、2009年までに21年のキャリアと実績があります。彼の前職はAlcatel-Lucentの最高財務責任者とそのエンタープライズビジネスグループの代表でした。また、以前はAlcatel Executive Committeeの会員でもあり、 Alcatel North Americaのプレジデント兼最高経営責任者、Alcatel Canada(旧Newbridge Networks)の最高経営責任者、Alcatel USAの最高財務責任者などのさまざまな重役の地位を務めました。

De Pesquidouxは、以前にTekelecの取締役会長を務め、MavenirおよびThalesの役員会のメンバーでした。現在は、PGiの会長であるとともに、Radisys Corporation、Criteo SA、およびSequans Communicationsの監査委員会の会員および委員長、また、TNSの理事会の会員でもあります。De Pesquidouxは、UPMC Information Technology Board of Visitorsの会員であり、情報技術の戦略、獲得、および実装全般に関する問題に関してUPMCに助言しています。

Theodore P. Schrafft
CEO兼プレジデント

Theodore P. Schrafftは、Siris Capital Groupによる企業の買収後、2015年にCEOに任命され、2006年7月以降からPresident として、PGiの事業全体を監督しています。Theodore P. Schrafftは、テクノロジ業界およびビジネスコミュニケーション業界での経験が35年以上あります。

Schrafftは、業務管理、販売、およびマーケティングにおける豊富な専門知識を持ち、これまで会社にさまざまな可能性をもたらしてきました。 最近では、2000年1月から2006年7月まで当社の旧Conferencing & Collaborationソリューションの代表を務め、1999年3月から{{2000}}年1月まではSenior Vice PresidentとGeneral Managerを務めました。また、旧Voice and Data MessagingビジネスユニットのPresidentとCorporate MessagingのVice Presidentも務めました。

PGiに入社する前は、1996年6月から1997年10月までVoicecom SystemsのPresident 兼CEOでした。Digital Equipment Corporationでは14年に渡って、さまざまな上級レベルの販売およびマーケティングの職務に就いてきました。1992年、彼は、世界的なエンジニアリングソフトウェア会社であり、Digital Equipment Corporationの子会社である EA SystemsのPresident 兼CEOを務めました。

また、Georgia, Inc.のJunior Achievementの会員でもあります。

Robert Aquilina
Director

Aquilinaは、かつてはAT&T, Incのシニアオペレーティングエグゼクティブで、21年のキャリアを持っています。AT&TではAT&T Consumer Servicesの Co-President で、Chairman’s Operating Groupの会員でもありました。Aquilinaは、AT&T社内では、ヨーロッパ、中東およびアフリカ地域責任者、AT&T UnisourceのVice Chairman、WorldPartnersのVice Chairman、AT&T UKの Chairman、およびGlobal Data ServicesのGeneral Managerなど、さまざまな上級職を務めました。

また、Principalsの在任中にRipplewoodのインダストリアルパートナーを務めました。Aquilinaは、2000年以来Cooper Union’s Board of Trusteesの会員で、以前は、Japan Telecom, Inc.の取締役会の役員であるとともに、Flag Telecom Group Ltd.のCo-Chairmanでした。かつてはMedQuistおよびApplied DiscoveryのExecutive Chairman を務め、現在はTNSのExecutive Chairman であるとともに、Digital Riverの取締役です。

David Guthrie
Director

David M. Guthrieは、PGiの前最高技術責任者(CTO)で、在職期間中は、製品管理、製品設計、研究開発、およびグローバルテクノロジ業務を含むグローバルテクノロジ業務を担当しました。また、2003年2月から2004年2月まではPGIのChief Strategy Officerも務めました。

PGiに入社する前は、Fuqua Ventures, LLCとのパートナーを務め、投資先企業に投資しながら、技術ベースの投資を指揮し、2000年2月から2003年2月まで主要な投資先企業の戦略的コンサルタントを務めました。David M. Guthrieは、WebMDの技術担当のシニアバイスプレジデントを務め、1996年1月から2000年2月まですべてのWebMDの財産について技術の開発および展開を担当しました。それ以前には、現在はDevGuruとして知られるヘルスケア、通信、メディアベースの企業向けのソフトウェアアプリケーションおよびシステムを作成するソフトウェアテクノロジコンサルティング企業であるISSI, Inc.のCTOを1990年9月から1996年1月まで務めました。

Guthrieは、インターネット、通信、Webおよびソフトウェアテクノロジの融合に強い関心と深い理解を持ち、テネシー大学において優秀な成績で、経営管理および情報システムの学士号を取得しました。

Boland T. Jones
Director

Boland T. JonesはPGiの創業者で元CEOです。

1980年代半ば、Boland Jonesは、AT&T®オペレータサービスに対する代替サービスを提供する最初の企業である、American Network Exchange(AMNEX)を創業しました。Jonesはビジネスコミュニケーションアプリケーションの将来を予見し、1991年にPGi(Premiere Global Services)を設立しました。

2008年にアトランタ・ビジネス・ジャーナルでジョージア州で業績の高いCEO トップ5と評価されました。、Ernst&Young®によってアメリカ南西部地域の起業家と認められたJonesは、2010年6月まで、HSW International, Inc.の指名およびガバナンス委員会の委員長を務めました。2015年にPGiがSiris Capital Groupに買収された後、JonesはPGiのCEOを辞任しました。

Jonesはオハイオ州オックスフォードのマイアミ大学で学士号を取得しました。彼は妻と3人の子供達と一緒にアトランタに住み、さまざまな慈善活動を熱心に支援しています。

Roderick Randall
Director

Randallは、起業家、シニアエグゼクティブ、ベンチャーキャピタリストとしてテクノロジとコンピュータネットワーク業界で25年以上の経験を積んできました。彼はVesbridge Partnersの創業パートナーであり、また、St. Paul Venture Capitalのゼネラルパートナーとして、モバイル投資の実務を率いていました。以前、RandallはLucent TechnologiesのCMOであり、AscendのマーケティングのVice Presidentでした。

それ以前、Randallは、Stratus ComputerのワールドワイドマーケティングのVice PresidentとSS7事業のGeneral Manager を務め、1996年のTeleos Communications買収後、Madge Networksで戦略市場開発のVice President を務めました。Randallは1987年にTeleosを共同設立し、CTO、マーケティング&ビジネス開発のVice President 、WANアクセステクノロジのVice Presidentなど、多くの役職を歴任しました。彼はAT&T Bell Labsでキャリアを開始し、いくつかの米国特許を保有しています。Randallは、Stratus Technologies、TNSおよびAirvanaの取締役であり、PBS TVプロデューサー/放送事業者WGBHの監督委員のメンバーです。彼は以前、Tekelec、Bytemobile、Bitfone、Snowshore、Teltier Technologies、ProQuent、FusionOne、DynamicsoftおよびVisageMobileの取締役会のメンバーでした。

Theodore Schell
Director

Schellは20年以上電気通信業界で働いてきましたが、1989年から2000年まではSprint Corporationの戦略および企業開発のSenior Vice Presidentと経営委員会のメンバーを務めました。Schellは、Sprint PCS(Sprint、TCI、Cox、Comcastの共同経営会社)の創設において主導的役割を果たし、Sprintに代わって戦略的監視を行いました。

Sprintに入社する前、Schellは、1983年に設立され、1987年にIBMによって買収されたRealcom Communications Corporationの創業者であり、プレジデント兼CEOを務めました。Schellはまた、2003年以来、ロシアで急成長している最大ワイヤレスブロードバンドアクセス企業であるEnfortaを創業し、そのChairmanを務めています。SchellはAirvana、TNS、Enfortaの取締役会メンバーで、以前はTekelec、Time Warner Telecom、Clearwire、RCN、Comverse Technology、Flagの取締役会メンバーでした。

Michael Seedman
Director

Seedmanは、30年以上にわたるシニアエグゼクティブマネジメントとして、リーダーシップ、テクノロジイノベーション、専門知識および経験を有しています。1993年から1997年まで、Seedmanは、U.S. Roboticのパーソナルコンピュータ事業部(3Com Corporationが買収)のSenior Vice President兼General Manager でした。US Roboticsに入社する前、Seedmanは、自身が1981年に設立し、後にHayes Microcomputer, Inc.に売却された、Practical PeripheralsのPresident兼CEOを務めました。

SeedmanはPrincipalsの在任中にRipplewoodのインダストリアルパートナーを務めました。Ripplewoodと提携する前に、Seedmanはコンピュータ周辺機器の設計と製造を担当するEntrega Technologies(Xircomに買収された)の創設者でありChairman でした。Seedmanは、Pulse Secure、Adler Planetarium、Cleversafe Inc.の取締役です。彼は以前、Proxim Corp.、D&M Holdings Inc.、MedQuist(現MModal)、Airvana、Applied Discoveryなどの公共および民間の取締役会のメンバーでした。